打ち合わせする人たち
  • ホーム
  • 投資顧問業者で一番儲かるのはどこなのか?

投資顧問業者で一番儲かるのはどこなのか?

これまでの記事では投資顧問といっても大手について記載してきました。基本的には企業の年金運用への助言など、比較的大きな資金を動かす。またはその運用を考えるものが主体となります。
一方で、現在はコロナ禍による在宅勤務の影響やネット証券が普及していた事を背景に個人で投資を行う人が急増しています。年金運用などの大きな金額であれば、日経225などの代表的な指数に連動した運用などが考えられますが、個人となると比較的値動きが良い銘柄が好まれます。また、資産規模が小さい事から複数の銘柄を組み合わせてポートフォリオを組成するよりも、1~数銘柄に集中して投資を行う傾向があるのも特徴です。
こうなると、個別銘柄の分析に優れて上昇する可能性の高い銘柄を推奨する個人向けの投資顧問会社が人気となります。現在はネット専業で行う個人向け投資顧問も多数ありますので検討してみるのも良いでしょう。
自分年金という言葉もありますが、配当利回り3%として2000万円あれば老後も年間60万円の配当を受け取る事ができます。一月あたり5万円の年金上乗せと考えると将来の生活を考える上では大きな収入になるでしょう。
そんな個人向け投資顧問ですが、中には質の低い投資顧問もあります。推奨された銘柄が軒並み株価下落。無配転落となってしまっては老後の為の投資が無に帰してしましますので、口コミサイトなどで投資顧問の選定はしっかり行った方が良いでしょう。
口コミサイトとしては、例えば「優良投資顧問ランキングネット」があります。このように複数の投資顧問の口コミを集めて、優良な個人向け投資顧問会社を見つけやすくするサイトもありますので活用したほうが良いでしょう。
余談とはなりますが、現在は景気を刺激するために日銀によるゼロ金利政策が行われています。一昔前ならいざしらず現在では銀行にお金を預けていても増える事はありません。他方で、ゼロ金利政策と市中への資金供給で余ったお金が株式に代表される金融市場に流れているため株価が上昇しやすくなっています。。
投資は勉強が必要な世界ですが上述の通り個人に寄り添った投資顧問もありますので色々と勉強するのが良いでしょう。