打ち合わせする人たち
  • ホーム
  • 持株のつなぎ売りのタイミングも投資顧問に相談を

持株のつなぎ売りのタイミングも投資顧問に相談を

投資をしている時に悩みがちなポイントとして地合の悪化によって、株価が全体的に下落基調に入った時のことです。
含み益がでているポジションがあれば、決済をしてしまって早めに逃げてしまうのが一番ですが短期的な下落であれば、まだ持ち続けていたいという銘柄があることも少なくありません。しかし、結果としてそのまま下落を続けてしまい含み益が殆どなくなってしまい、このままでは含み損になってしまうというところで決済をしせっかくの利益を飛ばしてしまうという人も多いものです。
そのような時に役に立つ方法として、つなぎ売りがあり下落の兆候が見えてきた時に持株を処分したくないけれど、値下がりによる利益の現象あるいは損失の増加は防ぎたいという時には空売りをすることで損益を固定することができるので、下落による損益の格段を心配する必要はなくなります。ところがこのつなぎ売りというのは簡単に上手くいくものではなく、つないだつもりが再度株価が上昇基調になって、結局半端なところで株を売ってしまったのと同じことになったということは多いものです。
そこで、つなぎ売りをするときには投資顧問に相談をして、そのタイミングをアドバイスしてもらうと良いでしょう。
プロによる様々なアプローチからこのタイミングで、売買をするのがもっとも良いというアドバイスをもらうことができるので、その通りに取引をするのかどうかは別としてひとつの根拠のあるタイミングを知ることができるので、つなぎ売りもしやすくなります。
投資顧問のアドバイスというのは絶対的なものではありませんが、迷った時の判断材料としては非常に優れたものとなりますから、つなぎ売りを考えた時には相談をしてみるとよいでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧